街でティッシュをもらった

私が登録したサイトは「ハッピーメール」というサイトです。
数あるサイトの中から選んだ理由は、たまたまティッシュをもらったサイトであり調べたら一番怪しくなさそうな優良サイトのように感じたからだ。
配られたテッシュがピンク色をしていて楽しい雰囲気のもので、やらしい雰囲気は感じさせないものだった。だからテッシュもバックに入れておくことができたのかもしれない。
利用してまず驚いたのは書き込みの多さだった。
メル友の作り方として、やはりこういった出会い系サイトの利用需要は高いのだ。
すべてが本当に出会いを求めている利用者なのか、もしかしたらサクラあのではないかと疑心半疑ではあるけど、まぁ暇つぶし感覚でやってみることにした。
世の中に出会いを求めている人がこんなにもいるんだということに驚きが隠せなかった。
そして自分もまた利用者のひとりとして、このようなサイトに登録しメル友作りをしようとしていることに自分自身ビックリしてしまう。
きっと、いや絶対独身だったら私はまず利用することはなかっただろう。
だって出会いはいくらでもあるじゃない!?そもそもメル友募集すらしないだろう。
メル友である必要性がないのだから。
期待と不安の中、早速掲示板にメル友になりませんか?と簡単な自己紹介を載せてみた。
私がメル友を求める理由を理解してくれる人がいてくれたらいいなぁ・・・。
そして同じような理由でメル友募集しているような人がいてくれたらいいなぁ・・・。
そんな期待をいだいてその日は寝てしまった。
仕事が忙しい私は数日間放置したままで、すっかり自分がメル友を作ろうとしていたことすら忘れて毎日の日々を過ごしていた。私の寂しさは毎日ではない。

ふとした時に寂しさを感じ、誰かに優しくされたくなるといった実に自分勝手な感情(笑)
だから次にハッピーメールを確認したのは2週間以上もたってのことだった。

ホーム